FC2ブログ

エロ小説(濡れ濡れ)

[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ 乱交接待(2) ]
2008/03/02(Sun) 00:31:51
玉袋から、ペニスの形をなぞるように、ゆるゆると指を動かして、ペニスにもどかしいような快感を与えているのだろう。
「課長、ラッキーですね。アイちゃんはテクニシャンですよ。」
課長は自分のおかれている状況が信じられないという顔で俺をみたが、アイちゃんがトランクスの中に手を入れて、直接ペニスを愛撫しはじめたので、それどころではなくなってしまった。
「うふふ。オジサマのペニス、すっごく大きくて、感じやすいのね。もうよだれをたらしてるわよ。」
おっぱいを裸の課長の胸に押し付けて、上下にゆれながら、トランクスの中でペニスをしごいているアイちゃんは楽しそうだ。
「ねえ、もう食べたいな。舐めてもいい?」
アイちゃんが舌なめずりしながら、甘えるようにささやくと、課長はぶんぶんと首を縦に振った。
アイちゃんは課長の前にヒザ立ちになると、両手をかけて、トランクスをおろした。
ぷりんとそそりだったペニスが飛び出し、先走りで濡れているのが遠目でもわかる。
「おいしそう。」
アイちゃんは根元を両手で支えて、下の方に軽くひっぱると、亀頭の先にちゅっとキスをした。
「ああっ。」
課長は思わず、声がもれてしまったらしい。
そのまま口いっぱいにほおばったアイちゃんは、ゆっくりと上下に出し入れする。
当然、口の中ではスクリューのように舌でペニスに愛撫を加えているのだろう。
アイちゃんは口の中からペニスを出すと、舌先でぺろぺろとカリの周りや裏筋、玉袋を舐めだした。
ちらちらと上目づかいで、課長の感じている様子を確認している。
俺はアイちゃんの後ろにかがみ、アイちゃんのアソコに手を伸ばした。
「あいかわらず、フェラチオすると、興奮してぬれちゃうみたいだね。」
人差し指と中指の腹でワレメをそっとなぞると、愛液があふれているのがよくわかる。
何度か指を往復させた後、じわじわと膣の中に中指をおしこんだ。
「うん・・・ふ・・・。」
感じながらもペニスをしゃぶっているらしく、くぐもったあえぎ声がきこえてくる。
「も・・・もう出そうだ!」
課長がせっぱつまった顔で叫ぶと、アイちゃんのしゃぶる音が激しくなった。

乱交接待(1) | 乱交接待(2) | 乱交接待(3)

中出し / TB(-) / CM(-) /



copyright © 2017 エロ小説(濡れ濡れ). All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。