FC2ブログ

エロ小説(濡れ濡れ)

[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ 野外露出キャンプ(2) ]
2008/02/23(Sat) 23:51:13
「ふ・・・あ・・・。」
出し入れされる指は二本になって、さらに奥まで私のアソコをえぐります。
愛液は太ももを伝って、それをサトシが舌で舐め上げました。
「だめぇ・・・。」
サトシは指をぬいて、足首にあったパンティとスカートを脱がせて、私の下半身を露出しました。
「やだ・・・。こんなのいや・・・。」
アソコを両手で隠して、スカートをとろうとかがんだところを押し倒されて、よつんばいにさせられました。
後ろから三本の指をアソコに入れられて、クリトリスも指でぐりぐりと刺激されていると立ち上がることができません。
「や・・・だめ・・。あん・・・。」
サトシはちゅくちゅくと私のアソコを愛撫した後、そっとペニスをアソコに挿入しました。
「ああ・・・やあ・・・。」
サトシが全部根元までペニスを入れた後、
「ユウカ、顔上げてみてみろよ。」
というので、閉じてしまっていた目を開くと、すぐ側に服を着たアイとペニスをしまったユウジがいて、私たちをみてました。
「いや!ひどいよ、サトシ!抜いてえ!」
私がサトシの方をみて、抵抗すると、アイがTシャツの上から私の両方の乳首をきゅっとつまんで、
「さわいだら、知らない人が来ちゃうよ?」
とささやきました。

野外露出キャンプ(1) | 野外露出キャンプ(2) | 野外露出キャンプ(3)

野外露出 / TB(-) / CM(-) /



copyright © 2017 エロ小説(濡れ濡れ). All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。